2018,04,15

5月12日に実施する「目久尻川クリーンアップ花いっぱい大作戦」のチラシが完成。


今年も花いっぱいにしましょう!


2018,04,14

教材作成は名人芸 田下さん

 ふるさと環境市民は「たのしくわかりやすい環境学習」をこころがけ出前講座の教材づくりに苦心していますがそのためのパネルづくりなど名人田下さんに頼っています。フリーハンドですらすらとかいてくださる田下さんにいつも感心してしまいます。
子供たちがみても読みやすい字とあざやかな色合い。心から感謝です。




2018,04,10

日本語教室横連携会議

 AIFAあやせ国際友好協会をたちあげてから22年が経過しましたが、もともとは日本語教室を運営している人たちから「市の支援が無くては続けていくことが困難です」と訴えられたことから発展して友好協会ができました。さまざまなかたちで日本語教室にかかわり時には自主教室も開設したりしてきましたがここへきて小塩市長が「活躍できる外国人」になってもらいたいとの政策から一挙に国際化の機運が高まり具体的な事業として日本語教室への支援をしてもらえることとなり教室確保もふくめておもいきり前進できました。そのような中教室が5教室に増え各教室が連携できることはないか、いろいろな意味で外国人の方にとって勉強しやすい環境づくりをと、話し合っていく場が設けられました。各教室がそれぞれにうまく機能していけるように手助けしていきたいと思っています。

2018,04,07

綾西バザール桜まつり

 今年も案の定というかだいたいそうだよねーという感じで「桜はすっかり終わりました」けど「桜まつり」という名称でおまつりしました。本当はここの桜並木はすばらしいんだけどなー。とはいえ中身は熱いです。私は例のごとく焼きそばの売り子をしました。300食を焼くひと、盛り付ける人売る人でがんばりました。いろいろな団体が来てたくさんのだしものもありにぎやかな宵でした。途中ザーッと雨が降りましたが中止しません。濡れながらも踊る人たちを濡れつつ見守る人たち。ちょっとすごい。最後はエイサーのカッコいい太鼓と踊りでしめてもらいました。いろいろな場で多くの人たちが集えることはすばらしいことです。そういう場をできるだけ増やしたいと改めて思うひとときでした。




2018,04,04

母の庭

 寝たきりで入院している母のところに行ってきました。母のいない家ですが丹精した花が季節をまって咲き誇りました。球根の水仙がほとんどですが10種類以上もあるので驚きでした。
摘んできて花瓶にさして楽しみました。


2018,03,28

桜満開

 今年もすばらしく咲いてくれました。近所の桜並木はいつもほれぼれする花満開です。何度も何度も行ったり来たりして楽しみました。今年は早くて小中学校の入学式は花の下をくぐって、、、、というわけにはいかなそうで残念!





2018,03,27

27日午後 手作り工房「ひまわり」さんの展示即売会は大人気


 昨年から開設していただいた「ひまわり工房」は手仕事の大好きな方々が集まる「サロン」です。かねてより市の福祉課で推進し地区社協の方々が開設していた「いきいきサロン事業」をさらに身近な場所や場面で展開できないかと模索していたところ2丁目のOさん宅を開放してくださるとのこと、また花いちもんめでやってきたうたごえ喫茶や名画鑑賞なども対象にできるとのことで一挙に2か所でサロンが開設できることとなり、お昼ご飯を400円で食べていただき、おしゃべりしたりしながら楽しく過ごして頂いています。このひまわりさんではいろいろなアクセサリーやバック、かざりものなどそれぞれお好きなものを手作りして今日は展示即売をしました。わたしもかわいいねこちゃんやお花をいくつかかわせてもらいました。ここでも午前中の証人喚問のはなしでもちきり。全容解明が待たれます。





2018,03,27

佐川さんの証人喚問やいかに?

 午前中用事があったのでビデオにとって早送りで急いで再生してみた。NHKの視聴率も今日は50%を超すのではないかと思うくらい国民が注目していた今日の日。なんともがっかりの結果でした。公文書の改ざんというかつてない言語道断の事実に本当に向き合っているのかという疑問。実際にこの案件が確定してから理財局長に就任した佐川さんには本当に政治家や総理夫人が関わっていたのか、いないのか判断できないはずなのになぜか「明確に」「[関与はない」と言い切った。???
 野党が言うようにさらに疑念は深まった、と言わざるを得ない。公文書の改ざんが一理財局長の判断でできるはずもなく、さらに国会でうそにもなる答弁ができるわけがない。普通に考えてあまりにも不自然なことばかりです。ある局の落語家のコメンテーターが「まさか自分だったら女房が国会で野党から攻められるようなことがあったらとんでもない、出せませんよ」とコメントしていましたがそれこそとんでもないおもいちがいと言える。安倍昭恵さんは総理夫人という立場を背負っている人であり、ましてや森友問題にははじめから登場している人。さらに夫人付きの秘書はFAXを財務省に送っているという事実。一連の事柄に対して説明責任があるのは明白です。ネット上での様々な発言もある中では本当はご本人は説明をしたいはずではないだろうかと、思ってしまいます。
 公文書がこんなふうに改ざんされているならほかの文書は大丈夫ですか?こどもたちにどうやって説明していけばいいのでしょうか?総理や財務大臣も「責任を痛感している」などとおっしゃっていますが「責任を取る」という言葉が軽すぎませんか?このようなことがまかりとおる世の中に歩みだそうとするこどもたちの行く末が真剣に案じられます。

2018,03,24

花いちもんめコンサート クラシックアンサンブル

 恒例のコンサート今日は、ピアノ、バイオリン、チェロの豪華アンサンブル。市長ご夫妻もおいで下さり満員の盛況でした。3人のすてきな演奏で心がいっぱいになりました。会場が狭いので35人くらいで満員ですがもっと多くの方に聞いて頂きたいレベルの高いコンサートをずっと続けています。身近で質の高い芸術を提供できるって幸せです。つぎは7月にソプラノの歌声を聴きます。





2018,03,20

卒業式こもごも

 今日は綾西小学校の卒業式です。朝から雨でお天気は残念。校長先生はみずから「雨男なので」と苦笑されていました。3年生の時に出会った子供たちですが今日は一段と大人びて頼もしく思います。この子たちの未来がどうか平和で暖かいものであってほしいと切実に願います。そう思って見ると一人ひとりが何とも愛おしく感じられました。羽織袴の衣装の女の子や男の子もいた中でみずいろのアオザイ(ベトナムの民族服)を着た子供がいました。とても素敵できりりとしたその姿は母国の誇りを持って式にのぞむ姿勢が印象的でした。
 20日は城山中学校の卒業式。式の始まる前に校長先生の先導で式場に入っていくと既にならんでいた2年生の席から「あ、安藤さんだ、安藤さーん」と、声をかけてくれる何人かの生徒がいてここでこえがかかるのは?と思って見ると何となく見覚えのある子供たちが。小学校3年生の時に何度か環境の出前講座に行っているので私のことを覚えていてくれたらしい。でもあれから5年もたちますが?なにはともあれ再会はうれしかったです。ありがとう!
 一人一人が緊張した面持ちで卒業証書を受け取りまっすぐ前に向かって歩いていくさまは何度見ても何とも言えない気持ちです。「げんきでね、がんばってね」とこころのなかで応援しました。